戦略的な広報が集客・マーケティングに繋がる

「ページが見つかりません」などのエラー

ときどき検索結果や閲覧中のホームページでリンクをたどって行った時に、「ページが見つからない」とか「404 not found」とか「500 Internal Server Error」とか表示されて、見たいコンテンツが見れないことがあると思います。

理由はいろいろあって、そのページが現在「存在」しなかったり「URLが変わった」とか、「プログラムが正常に動かない」等があります。

エラーと一緒に書かれている3桁の数字(404とか500)によってその理由を特定することが可能で、ホームページ運用者はこのエラーを特定することで対策をする必要があります。

下図のようにWebmasterToolで「クロールエラー」を見ると自分のホームページに発生したエラーを正確に把握することができます。

404エラー

エラーの種類

404エラー

基本的にページが存在しないので、「not found」とか「ページがみつかりません」というようなエラー表示をされてしまいます。

おおよそ以下の理由で404エラーとなることが多い
  • 該当ページが既に削除されてしまった場合
  • 外部からのリンクでURLがミスタイプされた場合
  • URLが変わった場合
404エラーに対する対応が必要な理由

理由はとにかく、閲覧者は「ページがある」と思って、ページが存在しないとガッカリなので、閲覧者に対して「ページが移動した」「ページが無くなってしまった」という案内くらいはしたほうが「親切だよね」という感じです。

SEO的には問題無いと言われています。実際に、外部のリンクミスは防ぎようがありませんから。

404エラーに対する対応
  • ページが存在しない場合は404エラーであることをしっかり表示して、迷子になってしまった閲覧者が、次のアクションを起こしやすいようにすることが大切です。(むやみにリダイレクトしたり、関連性の低いページに誘導するのは控えましょう)
  • ページURLが変わった場合は、正しいページに301リダイレクト(転送)することをおすすめします。

お気軽にお問い合わせください TEL 096-234-7198 8:30-18:00 土日祝日除く

PAGETOP
Copyright © ビズラボ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.